メニュー

日本人もあこがれた 隋・唐時代の書

2017年03月13日(月)2017年06月17日(土)

  • 台東区立書道博物館

書道博物館にて企画展「みんなが見たい優品展パート13
日本人もあこがれた隋・唐時代の書」が開催となります。

年に一度の恒例企画『みんなが見たい優品展パート13-中村不折なかむらふせつ
コレクションから-』今回の優品展は「隋・唐時代の書」をテーマにお届けいたします。

唐の四大家とよばれる欧陽詢おうようじゅん、虞世南ぐせいなん、ちょ遂良すいりょう、
顔真卿がんしんけいの書を中心に、日本人もあこがれた隋・唐時代の書を、
中村不折コレクションより紹介します。

開催概要

開催期間

2017年03月13日(月)〜2017年06月17日(土)

前期:3月14日~4月30日 後期:5月2日~6月18日    ※期間中展示替えあり

時間 午前9時30分~午後4時30分(入館は閉館の30分前まで)

休館日:月曜日
※3月20日(月曜日・祝日)は開館、21日(火曜日)は休館。
※3月27日(月曜日)、4月3日(月曜日)は特別開館します。
料金 一般・大学生 500円(300円)
小・中・高生 250円(150円)
(  )内は20名以上の団体料金
※毎週土曜日は台東区内在住、在学の小・中学生とその引率者の入館料が無料となります。
※障害者手帳、または特定疾患医療受給者証をお持ちの方と、
 その介護者は無料となります。
※3月15日(水曜日)~20日(月・祝)の6日間は入館料無料!
 台東区発足70周年を記念し期間中どなたでも無料で入れます。
お問い合わせ

台東区立書道博物館

  • 03-3872-2645
関連URL

台東区立書道博物館ホームページ

台東区ホームページ

上野文化の杜のたのしみかた

How to enjoy “Ueno, a Global Capital of Culture”