メニュー

施設

Facilities

旧岩崎邸は、1896(明治29)年に三菱を創設した岩崎家の第三代当主・久彌の本邸として建てられ、往時の3分の1の面積を持つ園内には、洋館、和館、撞球室の3棟が現存し、洋館と撞球室は、日本の近代建築史に名を残す英国人建築家、ジョサイア・コンドル。洋館に併置された和館は、名棟梁大河喜十郎の施工と言われています。

文化財庭園へご来園の皆様へ
都立庭園は、江戸、明治、大正時代から続く歴史・文化・自然を兼ね備えておりいずれも国や都の文化財に指定されています。
震災や戦災、進む都市化の中で残された貴重な存在であり、この貴重な存在がより良い状態で後世に残るよう、皆様にご理解とご協力をお願いいたします。

ここが見どころ!

洋館、和館

洋館は、明治期の上層階級の邸宅建築を知る上で貴重な遺構です。
建築面積は160 余坪、木造2 階建・地下室付の建物は、1 階が主に接客に利用された諸室が配され、2 階に私的な部屋が設けられました様式は17 世紀初頭の英国のジャコビアン様式を基調にし、ルネサンスやイスラム風のモティーフなど複数の様式を折衷しながらも整然としたデザインになっています。
旧岩崎邸庭園には、1896(明治29)年に完成した和洋ふたつの館が併置されています。洋館は主にゲストハウスの役割をもち、和館は岩崎家の日常生活の場となっていました。和館の棟梁は念仏喜十の別名をもつ名棟梁の大河喜十郎といわれています。和館は、書院造りの大広間を中心とした三部屋のみが現存し、今では貴重な木材がふんだんに使用された、主に岩崎家の行事に使用された場所でした。

撞球室(ビリヤード場)

撞球室は、1896(明治29) 年の洋館竣工よりものちに完成したとされています。洋館と同じく英国人建築家ジョサイア・コンドルによる設計で、木造平屋の校倉風造りの壁、刻みの入った柱、深く軒を出した屋根など、木造ゴシックの流れに属するデザインをもっています。コンドルが「スイス・コッテージ・スタイル」と呼んだように、どこかスイスの山小屋を思わせるデザインです。

料金のご案内

一般    400円
65歳以上 200円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)

【20名以上の団体】
一般    320円
65歳以上 160円

※身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳または療育手帳持参の方と付添の方は無料
※無料公開日 みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)

【年間パスポート】
一般   1,600円
65歳以上 800円

アクセス情報

東京メトロ千代田線「湯島」(C13)下車 徒歩3分
東京メトロ銀座線「上野広小路」(G15)下車 徒歩10分
都営地下鉄大江戸線「上野御徒町」(E09)下車 徒歩10分
JR山手線・京浜東北線「御徒町」下車 徒歩15分

旧岩崎邸庭園

インフォメーション

  • 9:00 ~ 17:00(入園は16:30 まで)

  • 年末年始(12月29日 ~ 1月1日)

  • 東京都台東区池之端1-3-45

  • 03-3823-8340

  • オフィシャルサイト

施設情報

  • 設立:1896年

  • レストラン・カフェ:9:00 ~ 17:00
    (ラストオーダー 16:30)

イベント・公演情報

旧岩崎邸庭園のイベント・公演情報

上野「文化の杜」のたのしみかた

How to enjoy “Ueno, a Global Capital of Culture”